セキュリティ強化に伴う「TLS 1.0/1.1」無効化について

セキュリティ強化に伴う「TLS 1.0/1.1」無効化について

Agathaのセキュリティを強化するため、2020 10 月末以降インターネット通信暗号化方式 「TLS1.0/1.1」を順次無効化することになりました。

無効化以降は、「TLS1.2」に対応していない古いブラウザでは、サービスがご利用いただけなくなります。

11月以降ご利用できない場合は、下記の内容のTLS1.2 の有効化のご確認をお願いします。Agathaでは Internet Explorer11.0 以上、ChromeFirefoxは以下バージョン以上のご利用を推奨しております。

参考:ご利用推奨環境について

https://support.agathalife.com/portal/ja/kb/articles/%E6%8E%A8%E5%A5%A8%E3%81%99%E3%82%8B%E5%8B%95%E4%BD%9C%E7%92%B0%E5%A2%83%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E6%95%99%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84

 

TLS1.2 の対応方法 (例:Internet Explorer

 1. Internet Explorer の[ツール]-[インターネット オプション]の順にクリック


2. [詳細設定]タブをクリック→[TLS1.2 の使用]にチェックを入れる



3. 【適用】ボタンをクリックした後、【OK】をクリック

Internet Explorer を再起動し、Agathaがご利用頂けることをご確認ください。


    • Related Articles

    • 医療情報セキュリティ開示書について

      医療情報安全管理関連ガイドライン検討ロードマップに沿って、電子的に医療情報を扱う際の情報セキュリティ等の観点から2020年8月策定のガイドラインで、厚生労働省・経済産業省・総務省の3省による2つのガイドラインが定められています。 1.厚生労働省「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第5.2版」(令和4年3月発行) 2.経済産業省・総務省「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン 」(令和4年8月31日改定) ...
    • 手順書サンプルについて(2022.11.15更新)

      治験文書を電子ファイルで作成や、共有・保管するためには、 手順書作成とトレーニング受講・記録が必要です。 貴機関に該当する手順書やトレーニング資料がない場合は、 以下の資料をご活用ください。  (外部サイトに移動します。日本医師会 治験促進センターeTraining CenterのID・パスワードが必要になります) https://etrain.jmacct.med.or.jp/certificate/detail/205 以下の資料のP.28-P.53をご参照ください。 ...