文書を開く際のログインを容易にする(Windows セキュリティー認証)

文書を開く際のログインを容易にする(Windows セキュリティー認証)

対象:Windowsユーザー

文書を開く際に表示されるWindows セキュリティのログインを
ユーザー名、パスワードなどの資格情報を管理できるWindows資格情報マネージャーを使用して
容易に行えるようになります。(一部バージョン等によっては動作しない場合があります)

設定をすると、ログイン情報が反映されるため入力をせずにログインできます。


【(1)~(5)はIEのみ設定ください。
 その他ブラウザーは(6)から設定をしてください。】


■Internet Explorer
(1)インターネットエクスプローラーの設定(右上の歯車マーク)をクリックし、インターネットオプションを開きます。



(2)「セキュリティー」タブをクリックし、「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリックします。


(3)インターネットゾーン画面の最下部あたりにある
「ユーザー認証」ー「ログオン」ー「現在のユーザー名とパスワードで自動的にログオンする」を選択し
「OK」をクリックします。


PCを再起動し、Agathaへアクセスします。


(4)office文書を開きます。
Windowsセキュリティー画面が 表示されますのでIDとパスワードを入力し、「資格情報を記憶する」にチェックをいれ
「OK」を押してください。 次回以降、認証画面にはユーザー名とパスワードが自動で反映されるようになります。


ファイルが開きます。(ファイルを閉じます。)


(5)Agathaで、officeファイルを開き、Windowsセキュリティー画面でユーザー名とIDが自動で反映されているか確認します。
  ※自動で反映されない場合は(6)以降を実施ください。


Agathaのパスワードを変更した場合、Windows汎用資格情報を手動で変更する必要があります。


■chrome、firefox
(6) 手動で資格情報マネージャーの設定をしてください。

コントロールパネル>ユーザーアカウント>資格情報マネージャーを開きます。



Windows 資格情報をクリックし、「汎用資格情報の追加」をクリックします。

Windows 資格情報 には「Windows資格情報」と「汎用資格情報」がありますが
「汎用資格情報」 の追加をしてください。




[汎用資格情報の追加] 画面で、インターネットまたはネットワークのアドレス/ユーザー名/パスワードを設定して 保存ボタンを押します。
    • インターネットまたはネットワークのアドレス webdav.agatha.agathalife.com
    • ユーザー名  ご自身のAgathaユーザー名(メールアドレス)
    • パスワード Agathaパスワード




Agathaで、ファイルを開き、Windowsセキュリティー画面でユーザー名とIDが自動で反映されているか確認します。


Agathaのパスワードを変更した場合、Windows汎用資格情報を手動で変更する必要があります。


    • Related Articles

    • Windowsセキュリティー認証を設定したがoffice(word等)を開くときに認証画面が表示される

      クライアントにインストールされております Officeアカウントと 汎用資格情報の メールアドレスが異なっていないかご確認をお願いいたします。 wordアカウントの確認   1) クライアント コンピューター上の Word を起動します。   2) 画面上部左 [ファイル] タブをクリックし、画面左下部の [アカウント] をクリックします。   3) 表示されているユーザー情報(ユーザー名@xxxxx)を確認ください。   汎用情報に登録したアドレスと異なる場合は、[アカウントの切り替え] ...
    • Windows認証ログインのパスワードを変更する

      Windows資格情報マネージャーを使用してWindows認証ログインをしている場合 Agathaのパスワードを変更した場合、手動でWindows資格情報マネージャーのパスワードを変更する必要があります。 ①スタートボタンから「コントロールパネル」ー「ユーザーアカウント」をクリックします ②資格情報マネージャーの「Windows資格情報の管理」をクリックします。 ③Window資格情報の汎用資格情報からagathaの情報を削除します。 ...
    • Windowsセキュリティー画面で「資格情報を記憶する」にチェックをいれても ユーザー名、パスワードが自動で反映されない

      Windowsセキュリティー画面で「資格情報を記憶する」にチェックをいれても ユーザー名、パスワードが自動で反映されない場合、手動で資格情報マネージャーの設定をしてください。 対象:Windowsユーザー コントロールパネル>ユーザーアカウント>資格情報マネージャーを開きます。 Windows 資格情報をクリックし、「汎用資格情報の追加」をクリックします。 [汎用資格情報の追加] 画面で、インターネットまたはネットワークのアドレス/ユーザー名/パスワードを設定して 保存ボタンを押します。 ...
    • IEで「Error 401: Unauthorized: Access is denied due to invalid credentials.」と表示されファイルが開かない

      パソコンのWindows認証設定が正しく設定されていない可能性があります。 1.Internet Explorer「統合Windows認証を利用する」が有効になっているか確認をします。 有効ではない場合有効(チェックし、OKをクリック)にしてください。 2. [現在のユーザー名とパスワードで自動的にログオンする]が有効になっているか確認します。 ①Internet Explorerのインターネットオプション>セキュリティ>レベルのカスタマイズ ...
    • 統合Windows認証の設定(chrome)

      ①[統合Windows認証を利用する]が有効になっているかを確認します。 chrome「設定」(画面右上歯車アイコン)>詳細設定>「システム」>「プロキシ設定を開く」> 「詳細設定」タブ ※チェックがOFFの場合はチェックをつけて「適用」ボタンをクリックし、「OK」ボタンをクリック ②Agathaが信頼済みサイトに登録されているか確認します。 chrome「設定」(画面右上歯車アイコン)>詳細設定>「システム」>「プロキシ設定を開く」> 「セキュリティ」タブ>「ローカル ...