Chrome/EdgeからAgathaへログイン後、日本語の表示がおかしい

Chrome/EdgeからAgathaへログイン後、日本語の表示がおかしい

ブラウザの翻訳機能が利用されている可能性がございます。

Chromeの例 ログアウトの表示が「すばらしい」、オーナー切替ボタンが「買い物」と表示される等


 Agathaをご利用時は翻訳機能のご利用はお控えください。

【対処方法】

Chromeの場合:URLバー右端に表示される翻訳設定ボタンより「このサイトは翻訳しない」を選択してください。

 


Edgeの場合:URLバー右端に表示される翻訳設定ボタンより「元の言語を表示」を選択してください。

    • Related Articles

    • Chrome/EdgeからAgathaへログイン後、日本語の表示がおかしい

      ブラウザの翻訳機能が利用されている可能性がございます。 Chromeの場合 例 ログアウトの表示が「すばらしい」、オーナー切替ボタンが「買い物」と表示される等   Agathaをご利用時はブラウザ翻訳機能のご利用はお控えください。 【対処方法】 Chromeの場合:URLバー右端に表示される翻訳設定ボタンより「このサイトは翻訳しない」を選択してください。   Edgeの場合:URLバー右端に表示される翻訳設定ボタンより「元の言語を表示」を選択してください。
    • 統合Windows認証の設定(chrome)

      ①[統合Windows認証を利用する]が有効になっているかを確認します。 chrome「設定」(画面右上歯車アイコン)>詳細設定>「システム」>「プロキシ設定を開く」> 「詳細設定」タブ ※チェックがOFFの場合はチェックをつけて「適用」ボタンをクリックし、「OK」ボタンをクリック ②Agathaが信頼済みサイトに登録されているか確認します。 chrome「設定」(画面右上歯車アイコン)>詳細設定>「システム」>「プロキシ設定を開く」> 「セキュリティ」タブ>「ローカル ...
    • AgathaをGoogle chromeの信頼済みサイトへ登録するには

      信頼済みサイトへの登録手順 -GoogleChromeをご利用の場合- 1.Google chromeを起動します。 2.ブラウザ上部のメニューから「設定」を選択します。 3.「設定」タブが表示されたら、「詳細設定を表示」をクリックします。 4.「ネットワーク」セクションで「プロキシ設定の変更」をクリックします。 5.「セキュリティ」タブを開く。 6.「信頼済みサイト」をクリックし「保護モードを有効にする」のチェックが付いていないことを確認します。 ...
    • 推奨する動作環境について教えてください

      Agathaは以下の利用環境を推奨しております。 OS ブラウザー Microsoft Office Windows Mac OS IOS (iPad) Internet Explorer 11以降 Chrome 68.0以降 Firefox 61.0以降 Safari 11.1以降 Microsoft Edge (Chromium) Office 2013以降 必要に応じて、サポートされているブラウザーバージョンにアップグレードすることをお勧めします。 ...
    • セキュリティ強化に伴う「TLS 1.0/1.1」無効化について

      Agathaのセキュリティを強化するため、2020 年 10 月末以降インターネット通信暗号化方式 「TLS1.0/1.1」を順次無効化することになりました。 無効化以降は、「TLS1.2」に対応していない古いブラウザでは、サービスがご利用いただけなくなります。 11月以降ご利用できない場合は、下記の内容のTLS1.2 の有効化のご確認をお願いします。Agathaでは Internet Explorer11.0 以上、Chrome、Firefoxは以下バージョン以上のご利用を推奨しております。 ...