Agatha inc.

            R3.0-Release Notes

            2019/9/30

            2019年9月30日に「Agatha R3.0」のリリースをしました。

            Microsoft Wordファイルを開く際の、ユーザーID&パスワードの入力がなくなる
            「ファイル単位で新規文書の登録や更新等の通知が可能になった」など
            さらに便利で使いやすくなります。


            【主な内容】
            ・Microsoft Wordファイルを開く際の、ユーザーID&パスワードの入力がなくなります。
            (当該機能の有効化については、お客様環境に依存される事が懸念されます。
            そのため、試用環境や有効化時期について、弊社より各お客様に個別にご連絡させていただきます。)




            ・医療情報システムに関する厚生労働省・総務省・経済産業省ガイドラインへ対応します。




            ツリービューのフォルダーのリスト(ハイパーリンク)をエクスポートする機能を提供します。
             これまでワークスペースコンテンツのフォルダ表示のエクスポートでは、フォルダパスは表示されておりませんでしたが
             R3.0より、「FOLDERS」というタブが追加され、フォルダパスやフォルダのハイパーリンクがわかるようになりました。
             
             




            ・ライフサイクルレベルで通知を管理する機能を提供する/ドキュメントリンクの作成時に通知を管理する機能を提供します。

            これまで通知設定はワークスペース内のすべてのファイルが通知の対象でしたが、特定のファイルのみ通知を設定することが可能となりました。
            また、今後設定はアガサにて設定をいたしますので、設定をご希望のお客様はサポートまでご連絡ください。



            ・文書をチェックインするときに、文書がWebフォームの場合、「文書の内容は以前のバージョンから変更されていません」というメッセージを表示しないようになります。




            ・表示項目の設定(列・グループ化等)に「承認日」を追加できるようになります。

             

             



            操作ガイドはこちら
            リリースノートは添付をご参照ください。




            添付ファイル (1)
            更新: 01 Oct 2019 04:11 PM
            役に立ちますか?  
            この記事の改善のためにご意見・ご要望をいただけると幸いです
            0 0